媚薬の分類

媚薬とは性的興奮を高めたり、精力の付く薬や食品の総称です。現代社会の女性は加齢のせいで、性欲欠乏、冷え症、性不感症、セックスレスなど症状が出て、エストロゲンが減少するとなります。媚薬、性欲を高め、恋愛感情を起こさせることによって、性冷淡、セックスレスなどの改善する効果があるので、最近媚薬を使う女性がふえています。媚薬を一言にして、実はたくさんの種類があります。これから媚薬の種類について紹介します。

催淫剤
性欲を亢進させる薬。主に男性の精力減退の治療に用いられ、勃起を促す作用を持つ。女性用にはフリバンセリンなどが知られている。フィクションの世界では、女性に向けて用いられることが多いが、同じ薬が男女双方に作用することもしばしばである。

勃起機能改善薬
ヨヒンビンやストリキニーネなど、性器の充血を昂進させる作用を持つ薬。市販薬では、バイアグラが著名で類似した薬も多く売られています。

刺激性物質
経口摂取、または注射により尿内に残留し、尿路から性器を刺激する。多量に摂ると、毒になる物質にこの作用が見られることがあります。

性ホルモン剤
アンドロゲン、エストロゲンなどのステロイドホルモン製剤の一部に、性器の発達を促す作用があり、性欲増進に効果があるとされています。

民間の伝承薬
漢方薬や生薬といった、口伝や経験則によって効能や有効成分が認められている薬があります。または、感応呪術による性器食があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です