自分の狂潮嬌娃道を歩いて、品味

喬、この何日目が覚めてもとても早く、習慣性のは携帯電話を取り上げて、刷毛、その中にそんなに1匹、あなたはどうして大学入試は6月7日に7?8日に開催することを知っていますか?そして、咵咵のさまざまなさんが書き込んだ評論ばかり.次に、私はまた空間を見て、結果はまた○○がこのネタを取り上げてみました.

採用だろうがわずか3つの字に離れ、大学入試が長年の私たちと振り返ってみると、それはただ人生ノードに一度の恒例行事、平平凡々波瀾して過ごし、やっと気楽です.

といって恥ずかしいけど、その機の上に本のコードが肩高、毎日徹夜で勉強する、首をつって錐身にしみる歳月歩いて来た私、今は身に覚えのない当時の大学入試の国語作文のテーマは何も覚えていない、もちろん大学入試の作文を書いたか.だから、インターネットは,今年の湖北省の大学入試の国語の作文を読んで,狂潮嬌娃、問題は、次の通り:

は、次の通り:

山の下の時、山上に登って旅行団に会って、山上の景色に登って、人が言って、人が悪くないと言います.半山まで歩いて、また一群の観光客に会って、ある人は景色のいい人が悪い.最後に彼らは頂上に着いて、只見川雲海は広大で、彼らは景色が良いと感じて、ありません.これを話題に、800字の文章を書かない文章.

でも、今の作文は作文は作文だ、今は自立できるという制限がないと思う.私は心に琴線のは、最近この数年の勉強生活、大学入試から大学に入って、今、大学入試のためには、1年前には、他のすべて自分で決定しています.

は中学の時かつて1篇の文章を発表したことがあって、それは私に対して子供の道のりの記載に直面して、自分も脱毛その道の心、修理、最後の発表の前に、中学生の国語の先生の作文のテーマを変えて影,当時の私にこした.

からこそ経験があるくらいで、小中学校、自分は勝手に笑って、多くの時の表情が平板で、いわれの物思い中、あまりにも多くのアイデアが、他人の目が気になるとの見方.歳月は流れて、心の挫傷はほんの少しの癒合に挫傷、情智もどんどん成長していく.多くの記憶が深く、痛みと痛みの物語のように落葉、風がますます遠くなる、最後に消えてしまって、最後には、痕跡、時間は、すべてのすべての.

p>と<長江東逝水、浪花淘尽性情.私の高校は、長江畔、毎朝入替立替人の校門に向かいの堤防や散歩.毎朝、巢から坂塘野菜市場杨树林フィットネスセンターまで活動をしながら、人の群れの中でシャトルを眺めながら横目川面サイレンの船と立ち上る水蒸気.まだ覚えている大学入試が終わった同日夜、堤防やに出くわした琴、彼女の目に涙が現れてい自分が発揮できなかって、私に慰め心配しながらながら自分の立場から、そこへ行っても.

しかし、2つの月の夏休みは、過去、です